fc2ブログ

*All archives   *Admin

2022.01.06 (Thu)

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。


お客様並びに関係者様におかれましては新春を清々しい気持ちでお迎えのこととお慶び申し上げます。


昨年は多くのお力添えいただき誠にありがとうございました。


今年も更なるサービスの向上に対して社員一同努めて参ります。


皆様のより一層のご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。


有限会社信栄ハウジング 従業員一同


11:26  |  雑談  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2021.12.23 (Thu)

年末のご挨拶

早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。
皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 
さて、弊社では下記の日程で年末年始休業とさせて頂きます。
お客様、並びに関係者様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承頂きますようお願い申し上げます。


年末年始休業期間:2021年12月25日(土)~2022年1月5日(水)


来年も更なる発展、飛躍に向けて、より一層の努力をする所存ですので、より一層のご支援
を賜りますよう、従業員一同心よりお願い申し上げます。
来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げまして、年末のご挨拶とさせて頂きます。

 

有限会社信栄ハウジング


いつも訪問視聴ありがとうございます。


先にも書かせて頂きましたが、今年一年間本当にありがとうございました。


色々な事がございましたが、あっという間の一年間で、またこうして年末のご挨拶分を書かせてもらえている事をとても嬉しく思います。

これもひとえに全てのお客様と関係者様のおかげ様と存じます。


来年も信栄ハウジングを宜しくお願い申し上げます。


佐藤 潤悟


12:55  |  雑談  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2021.11.27 (Sat)

靴磨き

こんにちは、いつも訪問視聴ありがとうございます。


11月もそろそろ終わりが見え、同時に今年の残り日数もごくわずかになってまいりました。


世間では例の自粛期間からの反動も受け、ところどころで忘年会の話も聞こえてきましたね。


開催に際しては賛否あるようですが、許されるようであればやっておきたいな~と私は思います。


というのも、去年の開催は到底許される状況ではなかったのでもちろんどこにも行かなかったわけですが、節目が計れずに気が付いたら大晦日かだったという事をよく覚えております。


忘年会は普段飲むお酒とは高揚感やら無礼講感やらでまったく別なものですから、できればやりたいのですが主体として動くのはどうなのかなとやっぱり思ってしまいます。


神奈川県ではその辺の規制は緩くなったわけですが、もう少し様子を見て決めたいと思います。


そうこうしているうちにまた大晦日なんて事にもなりそうですが・・。


タイトルに上げました靴磨き。


靴磨きというとサラリーマンのキホンのキなわけですが、今まで私はこれをおろそかにしていました。


100円ショップのサッと拭いて綺麗になるスポンジみたいなアレで

IMG_0066.jpg

目に見える汚れを拭いておしまい!といった具合でした。


現場によく行くので、革靴のまま作業をするシーンもあり綺麗にしてもきりがないという事を払拭できずにいました。


しかし、いつしかの打合せで同席した営業の方の靴がとても格好良くて興味本位にどういうものなのか聞いてみたところ私のそれまでの価値観がグルグルと反転しはじめました。


「その靴すごいカッコイイですね~、手入れも良くされているようで大事にされているんですね」と問うたところ


「ありがとうございます!でもこの靴実はとても安いんですよ」とその方。


そして続けざまに「これ1万円しないんですよ」と私をみてニヤリ。


その瞬間私の中の嘘でしょ!?という心の思いがそのまま「嘘でしょ!?」と喉を通り過ぎていきました。


どう見てもウン万円はするであろう輝きを放つその革靴を「ほら見て下さい!」とご丁寧に値段タグつきの販売画像を見せてくれました。


ここでタイトルに戻り、その方の趣味の一つが靴磨きなんだそうです。


磨き方ひとつで革製であれば大体いけるとのこと。


私の靴は現場にいくこともあって、お値段そこそこのもので我慢してきましたが、そこそこのものでも手入れ次第でこんなにもカッコよく見えるなら、目の前にいる人をただ打合せだけで終わらすにはとても惜しい。


ここで私は打合せはそこそこに、この目の前の方から靴磨きについての情報を入手することに。


慎重に丁寧に過剰にならないように褒めて、気分よく話始めたところで師匠と呼べば大体落ちてくれるハズ。


ちょっと効果がありすぎて靴磨きトークが止まらなくなってしまいましたが、引き金を引いたのは私なので、座してアレコレ聞く事に。


一番印象に残ってるのはカッコイイ革靴は自分で作るという点で、なんて男の子に刺さるワードを出してくるんだろうと高ぶりを隠し切れませんでした。


私自身、モノづくりとかが好きなのでその方と波長が合ったんでしょうね、じっくりとお話が出来てとてもとても有意義な時間を過ごせました。ありがとうございます。


有難いお話を拝聴した後、早速平塚ララポートにある東急ハンズさんに行って師匠の言う通りのものを揃えていざ実戦。


師匠の言いつけ通り馬毛のブラシでホコリを落とし、師匠のいう通りクリーナーで汚れを落とし、師匠のおっしゃるまま研磨剤で細かい傷を慣らして、師匠が横で見ていると思いワックスで磨きあげていきました。


するとどうでしょう。


時間をかけた分キチンとツヤと輝きというお返しをくれるではありませんか。


愛情を注いだ分しっかりと応えてくれるなんてと愛着も湧いてくるようです。


出来も素人なりに自分の靴かと疑うくらいの仕上がりになり、非常に満足しています。


更に靴を無心で磨くという作業がとても心地よく、自分でアトリエを持つ人の気持ちが少し分かった気がします。静かな時間を何かに没頭して過ごす幸福感に近いと思いました。師匠が趣味としていることもよく分かりました。


と長くなりましたが、靴磨きは実を備えたよい趣味だと思います。


私が揃えた道具は今ある足りないものを充当してでの3000円ぐらいでしたが、パッケージ化されている入門キットが同じく3000円ぐらいで売ってましたよ!


ジャケットなりコートなりで革靴が映えるこの季節。


ナイスミドルを目指して一つ靴磨きに皺を刻んでも悪くないなという記事でした。


ではでは



16:07  |  雑談  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT