fc2ブログ

*All archives   *Admin

2017.03.04 (Sat)

時間感覚

こんにちは、いつも訪問視聴ありがとうございます。

1月が行き、2月は逃げ、あっという間に今年も3月がスタートしてしまいました。

1月は正月などのイベントごとで過ぎ去るのが早く、2月は元より日数が少ない。

3月は新生活・新環境に向けた準備が忙しく早い。

なるほど確かにとても早く感じます。

しかしそれ以外でも年々時間の流れを早く感じるようになったと節々で思います。

例えば、お風呂。さっき入ったばっかだったような?

例えば、就寝。さっき起きたばっかのような?

年をとると時間の流れが早く感じるなんてよく聞きますが、一体どういう事なのかちょっと漁ってきました。

①心拍数に関係している
心拍数が高くなると時の流れも速く感じるとのこと。
競技時間のある球技なんか、夢中でやってると「もうおわり!?」なんて風に思いますよね。
逆にリラックス状態で例えばぼーっと時計を眺めていても時間は全然進みませんね。

②記憶量に関係している
既に経験済みの事や覚えている事などは脳の処理速度が上がり、時間の経過を早く感じるそうです。
初めての経験等でこれから覚えようとする事は経過を遅くさせるとの事。
子供はその日の出来事をいわゆる「すべて保存する」に対して大人は「必要なものだけ保存する」といったところ。
また、年を経るごとに既存情報にとらわれがち、排他的になるので拍車がかかるとの事。

生活する上でパターンってあると思うのですが、経験までもパターン化してしまう事は都合の良い時もあれば、この様に良くない事も。

③脳の衰え
記憶物質の減少が原因で前述の記憶量と近しいですが、そもそもの容量が少なるとの事。

④変化が少ない事が起因している
朝起きて出社して仕事して帰って寝る!!
多少の変化はあれど、大部分でこういう方は多いのではないのでしょうか。

例えば通勤方法を変えてみたり、最寄りの駅手前から歩いて帰宅してみたり、普段行かない店にいってみたりと変化をつけるとよいとの事。


先日の事ですが、たまたまお花屋さんにいってたまたま目についた花をたまたま買う気になってなんでもない日ですが、母にプレゼントしました。

思った以上に喜んでくれて、私にとっても母にとってもよい日になりました。

その時買わなければ何もない日で、その日の事をは思い出せもしないでしょう。

印象に残る日を節々で作っていくことで、時間の流れが速くなることを防げるのかもしれません。

思いついたことはとりあえずなんでもやってみようと思いました。

ではでは
17:54  |  雑談  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://shineihousingblog.blog84.fc2.com/tb.php/387-e52b35bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |